カテゴリ:美術館( 5 )

河口湖

今日は娘たちと一緒に河口湖へ。
と言っても車で15分久保田一竹美術館へ行ってきました。
一竹美術館は大好きで一人で年に何回か行っていたのですが 
ここ数年身辺が忙しくなり行く余裕さえありませんでした。
とっても近いのに~

d0298687_16321114.jpg
d0298687_16325862.jpg

このすっばらしい!門を入るとマイナスイオンが降りそそぎます。
美術館の庭だけ散策しても癒されます。
もちろん庭だけなら入館料は取られません(館までの庭ですが)



d0298687_16362722.jpg

美術館新館はガウディのグエル公園を思わせる建築デザイン。
使われている石は沖縄のサンゴ石だそうです。なにからなにまでこだわった空間です。
そこはヨーロッパとエキゾチックなアジアの融合。そして一竹辻が花のすばらしさが重なって
不思議な世界を演出しています。
2009年にはミシュラン観光ガイド三ツ星になりました。


d0298687_16573698.jpg
新館の上はテラスになっていてコーヒーでちょっと休憩。
意外にもお替り自由でした。

d0298687_17085741.jpg
全てのドアの細工が素敵です。
そして入口に敷き詰めてあるのはクッキー型。

d0298687_17474525.jpg

d0298687_17111259.jpg

帰りに河口湖湖畔を散歩して帰りました。
今日は富士山は雲の中です。残念!

d0298687_17151334.jpg
d0298687_17153014.jpg

d0298687_17200177.jpg
今日1日観光客でした。近すぎる~けどなかなか行こう!と思い立たないと行かないので。
でも一竹美術館は何度行っても良い!!展示作品は年に数回変わります。
9月まで富士山が中心の作品を展示。次回は千紫万紅~色彩の妙と題し
自然の草花を題材にした作品を展示するそうです。こちらも見たいな~


















[PR]
by quilt-marys | 2017-08-31 17:54 | 美術館 | Comments(4)

美術部OB展

1月5日~2月28日まで
高校時代の美術部OB展が河口湖ラドゥースにて開催されます。
卒業して?十年みんなおじさん おばさんになりましたが
絵画 版画 写真 陶芸
それぞれの形でアートを楽しんでいます。
私も小さな作品を出品しています。
お近くの方は是非お立ち寄りくださいませ。

d0298687_11492714.jpg


d0298687_11505100.jpg

[PR]
by quilt-marys | 2016-01-05 11:57 | 美術館 | Comments(3)

切り絵展2

生徒さんのご主人 切り絵作家の宮下一明さんに作品展の案内状を頂き 
甲府にある山梨県立美術館に行ってきました。
山梨県立美術館はミレーの絵画でも有名です。
d0298687_1529285.jpg

宮下さんの新作はなんと5mもある大きな作品でした。牛が順番に並んでいる後ろ姿
「順番ですよ~お」は何ともユーモラスで大胆な構図をモノクロで表現されていました。
d0298687_15424676.jpg

牛のおしりやしっぽの動きなど思わずクスッとなってしまいます。
d0298687_15454385.jpg

その他 山梨きりえ協会の皆さんのすばらしい作品がたくさん展示されていました。
緻密で繊細な切り絵の世界ですが 表現する手段は異なっても何かを思い浮かべ感じ 共感共鳴することはキルトも同じだと思いました。

第27回山梨きりえ協会 「きりえ展」
8月14日(水)~20日(火)まで19日(月)休館
山梨県立美術館C館 入場無料
[PR]
by quilt-marys | 2013-08-17 16:16 | 美術館 | Comments(2)

切り絵展

d0298687_20324645.jpg

生徒さんの一人Sさんのご主人は切り絵作家でいらっしゃいます。只今個展を開催中です。「京を切る」と題した作品展は情緒あふれる京の街並みや建造物が切り絵で表現されています。特に京都の老舗ののれんを沢山作品にされているのはとても素敵でした。
d0298687_20481855.jpg

d0298687_2049661.jpg

宮下一明切り絵展「京を切る」 
裾野ギャラリーアーベントにて 5月12日(日)まで 
お近くの方は是非お出かけください。
[PR]
by quilt-marys | 2013-04-27 21:01 | 美術館 | Comments(4)

春休み

d0298687_21341768.jpg

春休みを利用して 娘たちとラファエロ展とエル・グレコ展に行ってきました。

ラファエロの「大公の聖母」は近年Ⅹ線撮影により黒い背景の下には もともと窓のある室内風景が描かれていたということがわかりました。更なる調査で幼子イエスの髪の毛の部分には ラファエロのものとは明らかに違う筆使いや絵の具が確認されたということです。背景は絵が描かれて100年から200年ほどたったころに別の人物によって黒く塗られその上からイエスの髪の毛や頭上の光の輪が描き加えられたことが明らかになりました。現代の科学的調査は本当にドキドキします。ラファエロが17歳の時に描いた祭壇画を見て「神ってる!!」と驚いていた娘たち。まさに神の領域でした。
d0298687_21351752.jpg
エル・グレコの世界はまた独特の雰囲気を醸し出しています。色 陰影 筆使いどれも力強さであふれています。?十年前エル・グレコに会うため スペイントレドを旅しました。トレドは川に囲まれた小高い丘の上にある古い街です。小さな石造りの広場と抜けるように青い空、その青をバックに砂色の美しい教会。撮影した写真がポストカードのように綺麗だったのを覚えています。現地で見たエル・グレコとはまた違った印象でしたが娘たちと一緒に再会できたことがなにより嬉しかったです。

ラファエロ展は6月2日まで国立西洋美術館  
エル・グレコ展は4月7日まで東京都美術館

その後 池袋での用事を済ませサンシャイン水族館へ。
魚たちに癒されて帰途に着きました。
d0298687_21381158.jpg

d0298687_21382754.jpg

[PR]
by quilt-marys | 2013-04-01 19:20 | 美術館 | Comments(2)